中古ドメインのメリットとデメリットは?【SEO効果はありますか?】

こんにちは、藤原サキです。

ここ最近、中古ドメインというワードがウェブ上に出現する機会が増えて来ました。

中古ドメインとは過去に誰かが取得・使用していたドメインのことをいいます。

中古ドメインが注目されている理由の1つがSEO対策に有利であるということです。

この記事では、中古ドメインを使用するメリットとデメリットについて伝えていきますね。

中古ドメインのメリットはSEO効果

中古ドメインを使用することのメリットはなんといってもSEO効果です。

中古ドメインはすでに誰かが使用していたものですので、被リンクが残っていたり、Googleのページランクが付与されていたりします。

特に最近ウェブサイトを立ち上げたばかりの企業にとっては大変時間と労力、そしてお金のかかるSEO対策をせずとも、高速で上位表示されるので、すっごく美味しい話です。

中古ドメインのデメリットは Googleペナルティおよび時間経過によるバックリンク減少

中古ドメインを使用するデメリットは初期投資以外には、 GoogleのIndex削除ペナルティを受けている可能性や、手動ペナルティを受けたドメインの可能性があります。

SEO効果どころか逆効果になる場合があることです。

ただ、Googleでは2007年頃より所有者の変更があったドメインは、過去のバックリンク情報等の評価を問答無用でリセットするって宣言しているんです。

中古ドメインで作成したサイトが作成直後より上位表示するといった状態もありますので、必ずしも全ての中古ドメインにおいて評価リセットがされているわけではないようです。

私は中古ドメイン愛好者ですし、普通に上位表示されていますので、あまり信じてはいないですが(笑)。

中古ドメイン最大の資産であるバックリンクですが、時間経過によりリンク掲載元のサイトオーナーの判断により削除される場合があります。

バックリンクは継続してリンクされている可能性もありますが、ほとんどは時間が経過するごとに徐々に減少するため、あまり期待はしないほうが良いかもしれません。

中古ドメインの購入時に気をつけたいこと

中古ドメインを取得する際にまず気をつけたいのは過去に日本語で運営されていたサイトであるかどうかです。

それは過去にスパムなどでペナルティをしたことがあるか見抜けないからです。

健康食品や美容系のサイトなどは特に注意が必要です。

中古ドメインで狙いたいおすすめのサイト&ブログ

少なくとも政治家のブログや国の機関などのサイトは意図的に被リンク対策などでスパム扱いを受けるとは考えにくいため、問題ないです。

また、芸能人やスポーツ選手の公式サイトやブログも良いですね。

こちらは引退と同時にサイトやブログを閉鎖することも多いため、狙い目です。

同じようにミュージシャンや俳優なども全然OK!

その他にも、おしゃれなカフェやレストラン、文房具、雑貨系など専門性の高いサイトは運営歴が長いため、大丈夫です。

中古ドメインを購入する前にぜひやっておきたいこと

良さそうなドメインをピックアップした後は、念のためそのドメイン名をYahooやGoogleの検索エンジンで検索すると良いです。

検索した結果1位に表示されたものはペナルティを受けていないと判断できます。

ただ、1位ではなく2位以下に出てきたなら、何らかのペナルティを受けている可能性がありますので、この王な場合は購入リストから外して良いと思います。

中古ドメインのメリットとデメリット-まとめ

以上、中古ドメインのメリット・デメリット、そして購入する上で気をつけたいことなどをご紹介してきました。

現在かなりの数のドメインが売りに出されていて、しかも価格も大変安いものも多く、トータル的に見ればデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いです。

今ではブログやキュレーションメディアも個人でも複数運営できる時代ですよ。

良さそうなものがあったら多数購入し、使い分けするのも良いと私は思います!